【Twitter】フォロワー1000人を実現する1日スケジュール

Twitter

どうも!北大生のはる(@_harukitare)です。

今回はフォロワーが1000人を超えるための1日のTwitter運営スケジュールについて解説します。

上級者向けの内容も含まれますが、すべて理解することができれば圧倒的な効率でフォロワーを増やすことができますよ~

先日以下のツイートをしました。

この内容を掘り下げて説明していきますね。

次のような方には特におすすめですよ!

  • Twitter初心者で何をすればよいかわからない人
  • フォロワーが1000人未満で停滞している人
  • Twitter本気で伸ばしたい人

※ちなみに、僕はTwitterを2019年10月14日に開設して1か月以内にフォロワー1000人を達成しており(フォロバなし)、2020年2月3日現在は3500名を超える方にフォローしていただいております。

スポンサーリンク

朝のTwitter運用(5:00~8:00)

coffee-2319107_1920

朝は以下のようなタイミングでスマホを見る人が多いのでねらい目です。

  • 起きてすぐ
  • 朝食を食べながら
  • 電車に揺られながら

おはようツイート

現実社会ではもちろん、Twitter上でもあいさつは重要です。

特に、朝のあいさつはアクティブな印象を与えるので毎日欠かさずにツイートしましょう。

ここで強くおすすめしたいのが、ひーさん(@love_ohasen)が設立した『おはよう戦隊(おは戦)』という活動に参加することです。

ルールは以下のようになっており、このハッシュタグをつけるだけでたくさんの反応があります。多くの方の目に触れることでフォロワーが増えるきっかけにもなりますよ。

(142)

僕は朝型なので4:00ごろに起きることが多いのですが、分析するとおはよう戦隊は5:00のツイートが一番伸びることがわかりました。

みなさんも朝活を始めて5:00にツイートしてみてはどうでしょうか?

以下のツイートのように、早起きをするとたくさんのリプやいいねがいただけて1日のモチベーションになりますよ~

リプライ返信

寝ている間にたまったリプライに返信しましょう。

ここで意識すべきところは、相手と同じくらいの長さ・テンションの文で丁寧に返すこと。これで絡んでくださった方と心地よい関係を築けます。これはLINEの恋愛テクニックと似ていますね。

フォロワーが1000人を超えてくるとリプライが多くなり大変になってきますが、1000人まではそれほど時間も取られないはずなので一人ひとり覚えるつもりで対応しましょう。

モチベーション上げる系ツイート(できれば)

(できれば)とありますが、起きるのが遅くておはようツイートが8:00以降になってしまう人はする必要がありません。ただ、5:00におはようツイートをして昼まで黙るのは寂しいので、朝活している方はぜひ8:00にもう一本ツイートしましょう。

これは完全に僕の感覚ですが、朝は1日の始まりでありモチベーションを上げたい時間なので、励ますようなマインド系ツイートがウケます。

例えば以下のツイートはモチベーションを上げるツイートと言えます。

『今日は○○をする予定です!』みたいなツイートも十分に見た人のモチベーションを上げられるツイートなので、よかったら使ってみてください。

しかし、内容を絞ってしまうとツイートが思いつかなくなるので、Twitter初心者の方はモチベーションを上げるということは意識しなくても大丈夫です!

昼のTwitter運用(11:30~13:00)

昼のTwitter運用

昼は人が集まりやすい時間であり、特に平日は会社のお昼休憩のタイミングで急激にユーザーが増えます。

平日の11:50~12:50は超ねらい目ですよ!

目立つツイート

ここでは内容よりも見た目を意識しましょう。

Twitterユーザーが殺到するということは、見る人だけでなく発信する人も増えるためタイムラインの流れが超高速になります。

サラリーマンの昼休みはゆっくりできないという人も多いので、ほとんどのツイートが流し読みになっているはずです。

そこで一風変わったツイートで目を引き付けることができれば、反応をいただける可能性がグッと高まるというわけですね。

こちらも理解しやすいように、具体例となるツイートを以下に示します。どちらもツイートの構成にこだわって他のツイートより目立つようにしています。

他にも絵文字を多用してみたり、口調を工夫してみたりといろいろなアイデアが考えられます。

ぜひチャレンジしてみてください!

夜のTwitter運用(18:00~21:00)

夜のTwitter運用

夜は以下のようなタイミングでTwitterを触る人が多いのでねらい目です。

  • 電車に揺られながら
  • 夕食を食べながら
  • お風呂上りに
  • 寝る前に

お役立ちツイート×2

夜は仕事終わりに家でリラックスしながらTwitterを見ている人が多いので、読むのが少し面倒な詳しい内容のツイートでも反応が来やすいです。

お役立ち情報を発信することでフォロワーが増えるので、いろいろなことを自分で調べてツイートしましょう。この記事についての内容でも、たくさん有益なツイートができるはずです。

この時におすすめしたいのが『箇条書き』です。

ツイートの型として有名であり、多くの情報をシンプルにわかりやすくまとめることができます。実際、僕も箇条書きのツイートは非常にバズりやすいと感じます。

具体例は以下のようなツイートになります。

ここが僕の得意分野であり、フォロワーが急速で増えた一番の原因であると考えています。

夜は自分もリラックスできる時間があると思うので、1本と言わず複数のツイートを生産しましょう。

すきま時間にリツイート&リプライ

オリジナルツイートは1日4,5本あれば十分にフォロワーは増やせるので、すきま時間は気になったツイートをリツイートしたり、リプライを送るのが良いです。

特に、最初のフォロワーが少ないころはいいツイートをしても誰にも見てもらえないので、フォロワーが多い人に積極的に絡みに行きましょう。

ここでポイントなのが、フォロワー数が5桁を超えるインフルエンサーよりもフォロワー数4桁の人気アカウントの方が反応してもらえる確率が高いので、そういった方に絡む方が効率が良いということです。

絡みに行くのは気が引けるという方は、まずは僕を練習台として絡んでみてください!

リプライやリツイートは僕が実際にできていなかったところで、ここをうまく活用できればもっと伸びるのが早かったのではないかと考えています。

Twitterのフォロワー1000人を実現するスケジュールまとめ

今回はTwitterのフォロワー1000人を実現するための1日のスケジュールについて解説しました。

それぞれの時間帯でツイートの種類を描きましたが、決してこれらに縛られる必要はないのであくまで参考程度に見ていただけると幸いです。

また、時間帯別にねらい目である理由を書きましたが、無料ツールのSocialDogを使えば正確なデータに基づいたねらい目の時間がわかるので、興味のある方は以下の記事を読んでみてください↓↓↓

この習慣を継続すれば確実に伸びるので、毎日のTwitter活動を楽しみましょー!

コメント